赤羽駅徒歩1分の皮膚科・美容皮膚科・漢方治療 
マリー皮膚科赤羽クリニック

〒115-0055 東京都北区赤羽西1-15-14
エル・ルージュ赤羽西 3F
TEL: 
03-3900-0081

当院について

当院では、西洋医学と東洋医学を取り入れた治療を行います。

皮膚は内臓の鏡

日々の生活、すなわち、食べ物、嗜好品、普段使用する身の回りのもの、生活スタイル、生活する環境、気候の変化などに、人間の細胞は影響を受けています。細胞の固まりである内臓は、個人の素質に、これらの生活因子が加わることで、病気を発症します。皮膚も、内臓の一部、人間の一番表面にある臓器です。皮膚の発疹は、体の中の臓器が病気になってからのサインとして、また体の中の臓器が病気になる前の不調の状態(東洋医学では未病といいます)のサインとして、現れることがあります。

なにかのかぶれや虫さされ、薬による副作用や、感染症によるもの、がんや腫瘍といった、原因が分かりやすいものは、治りやすいことが多いですが、内臓からのサインで出て来ている発疹は、掴みづらく、慢性化し、良くなったり悪くなったりを繰り返し、治りきらない状態となります。

西洋医学は対症療法、東洋医学は歪んだ体質の改善を得意とする治療法です。それだけで治るものは、それで良いと思いますが、繰り返しおこる場合、また治まりきらない場合は、やはり原因をつきつめないと終わりがありません。

原因は、見た目だけでは分かりません。

私たち医療者の経験と、患者様からの普段の生活に関する情報が合わさり、必要な検査が行われ、やっとわかるものです。

検査にも限界はあります。一番大事なのは、病気に向き合うこと、何度も話し合うことです。

当院では、そんなお手伝いのできる医療者を目指し、患者様に寄り添う医療の提供をしたいと考えています。

当院の施設

受付

受付看板

待合室

美容機器

処置室

キッズスペース

医院名 マリー皮膚科赤羽クリニック
院 長 内山 麻理子
(皮膚科専門医)
住 所 〒115-0055
東京都北区赤羽西1-15-14 3F
イトーヨーカ堂の隣。
医療モールの3Fです。
(1F:調剤薬局、2F:循環器内科、4F:耳鼻咽喉科)
診療科目
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 漢方治療
電話番号 03-3900-0081

イトーヨーカ堂となり
お買い物ついでに
お気軽にご来院ください。

診療科目一覧

急性・慢性湿疹/接触性皮膚炎/アトピー性皮膚炎/蕁麻疹/金属アレルギー/接触性皮膚炎/足水虫、爪水虫、たむし、いんきんたむしなどの皮膚真菌症/足の白癬菌/糸状菌感染/尋常性疣贅/単純ヘルペス/帯状疱疹等ウイルス性皮膚疾患/しょうせき膿疱症、円形脱毛症、尋常性白斑/蜂窩織炎/アテローム/ 巻き爪/陥入爪/タコ/ウオノメ/ニキビ/体部の化膿性毛嚢炎/顔面や体部のシミ/色素沈着/日光皮膚炎、光線過敏症/アレルギー疾患全般 など